日々の業務の積み増しは正当に評価されねばならない

うちの向かいの家では、家の裏面に居残る阻止壁面の補修工事を行なっている。更に随分と前に作られた壁面なのでクラックが入ってきたと言う。全面的な補修工事なので、現存する壁面を先ず取り壊して新しい壁面をやりなおすという手順である。工事の初日は解体のために費やされた。そして今後は阻止を積み上げて目新しい壁面を作って出向く。それを見ていて我々が感じたのは、職人ちゃんたちが毎日せっせと阻止を積み上げて行けば間もなく最適塀が出来上がり、これを見て人々は奴らのビジネス振りを容易に評価することができるということである。翻って、我々がいつぞや従事していたような経理任務の場合はどうにか。経理の場合も同じように日々の契約を仕訳という容姿にして会計構造に入力して行く。毎日せっせと仕訳を入力して出向くのは、貸借対照前面や損益伝票などの財務諸表を見つける結果です。しかしながら、こんなビジネスは何やら地味なビジネスで、他科目の人々の眼に触ることもないし非常に評価されづらいという面が残る。最大手ともなれば、日々の仕訳の集積が最終的には連結財務諸表となって展示浴びるわけだが、その割合は評価されることが安いビジネスとも呼べる。運営役員がどうも地味なそんなビジネスの目方を実感していないと、その団体の将来は危ないと言わざるを得ないと我々は思うのである。キレイモ パック