雲のことや低気圧などについて学習しました

雲のことなどについて修練しました。上層の雲(氷のクリスタル)は、高度5〜13kmだ。中層の雲(氷のクリスタルと水滴)は、高度2〜7kmだ。高層雲は上層まで、乱層雲は上層と下層まで広がります。下層の雲(水滴)は、高度2km未満だ。垂直にのびる雲は、氷のクリスタルと水滴だ。雲下は下層、雲頂は時・上層まで達します。夕焼け空は日没その後、15〜20分が特に可愛らしいそうです。次は、低気圧についてだ。低気圧は、西から東へ引越ししながら発達します。津々浦々周囲では、バイカル湖南部、中国大陸東部、日本海西部、房総半島南部などで発生します。たとえば、東からの冷えと西からの暖気がぶつかって、断念前線ができたり、気圧のチェンジによって前線が流れを打ち、中心に低気圧が発生したりします。また、暖気・冷えが激しく巡りこむようになり中心の気圧は下がったり、寒冷前線は温暖前線よりはやく進み、温暖前線に近づいていきます。知らないことが修練できて良かったです。