自分の言葉や思い込みすべてが、何かに影響を与える

脳科学の研究によると、私たちの思考の95%は、すでにプログラムされた潜在意識によって支配されていて、自分の頭で考えたことと思っていることもすでに
過去の意識、思い込みから来ている。

〜アインシュタインの法則〜
 自分が上向きの気分(ポジティブ思考)の時は、高周波の音波を出し、同じ周波の人を引き寄せ、逆に低周波(ネガティヴ思考)の場合も同様に同じ周波の人を引き寄せる。
 つまり、プラス思考の人の周りには、自分にプラスになる人が集まり思考の現実が可能になる一方で、マイナス思考の場合はこの逆であり自分に悪影響である。

自分に対する見方を変える→現実が変化
1…「自分には〇〇は無理」などの思い込みを捨てる
2… ネガティブな思考は捨てる
3…「なんでもやり始めたらうまくいく」と思い込む
 
日本の科学者、江本勝とは…
15年の歳月をかけて、人間の言葉、思考、感情が物質に与える影響を研究する。
研究対象として選んだ物質は水である

研究…水は、言葉、音楽、祈り、祝福にどのような反応を示すか
結果…「親切」(ありがとう、愛してるよなど)な扱いを受けた水は、真っ白で形が美しい結晶ができる
    一方でネガティブな言葉をかけると濁って形のひどい結晶になる

個人的な見解…言葉には何らかのエネルギーがあり、何にでも影響を与える
       すべての始まりは言葉のエネルギーからで、すべてのものは言葉の        
       エネルギーを受けて何らかの行動を起こす